>>ブログトップへ

2011年4月

4月 19 2011

国会議員の価値

国会議員は国民のために動くのでは?

 

国会やニュースで目にする映像は、

責任の所在や、

初期対応が(大震災の)適切だったのか、

等々が報じられている。

 

我々が見聞きする情報はマスコミの意図が介入しているから

すべてそのままが正しいとは限らない

しかし、

あれだけ大勢の大人が、

被災地から遠く離れた場所で、

責任問題をどうこう言っているのは

非常に醜い姿だと思えてなりません。

 

今回の大震災は国難であり、

国が主導権を持って動く必要があります。

 

政党の枠を越えてって言うのは

私自身、政治をよく理解していない発言になってしまうのかもしれませんが、

今回オールジャパンの態勢が取れないなら、

今後永遠にまともな政治は出来ないのではないでしょうか?

 

先生方!

先生と呼ばれ続けたいなら

先生らしくして下さい!!!

0コメント

4月 12 2011

反自粛ムード

東日本大震災を受けて

多くの春のイベントが中止や縮小されました。

桜の花見客も激減しているとのニュースもよく目にします。

 

日本人的な気持ちの部分では個人的にも大いに共感できるところです。

電気の無駄な消費や、

復興に必要な物資を過度に使用したり、

買い占める事は

控えるべき事です。

 

しかし、

全国各地の自粛ムードは本当に被災地の方々の復興に寄与するのでしょうか?

過剰な自粛は

消費が低迷し、経済活動が停滞します

企業の収益が悪化すれば、国に入るべき税金も減少します。

 

東北の酒蔵の方の声として、花見の自粛でお酒が売れない!

立ち上がる為の資金(売上)が半減している!

との記事も目にしました。

 

また、全国各地の自治体主催の春イベントでは、

例年の幹事役員の労力が多大であり

本音のところ

便乗で中止にしたイベントもあるようです。

 

復興には何年もの月日が必要です

自粛では乗り切れない問題です

せめて

普段通りの生活に戻って

経済活動の活性化に寄与する方が正しいのではと考えます。

 

お金がある人はお金をだせばいい

時間がある人はこれから本格的に必要となるボランティアに参加すればいい

知恵がある人は復興への知恵をだせばいい

何が出来るか分からなければ普段通りの生活をすればいい

 

がんばろう!

0コメント

4月 01 2011

それぞれのスタート

『パン パン (柏手の音)』

今朝は行きつけ(?)の神社によってから会社に来ました。

 

今日から新年度がスタートです!

入社、入学、・・・・・、復興、自分自身

 

それぞれが、それぞれの想いで

今日まで生きてきて、

また、

今日からも生きていきます!

 

踏み出した一歩に幸あれ!

0コメント